手軽で買取・骨董品 のサイト
メイン画像

骨董品の価値を決める要因と取り扱い上の注意点

骨董品の価値は状態の良し悪しが大きく関係する

骨董品は作られた年代が古い物品の中でも美術的な価値を持つ物を指します。骨董品の価値は流行や価値観で大きく変わるため、扱う際は専門知識が不可欠です。中古市場でも骨董品は高額で売買されることが多い反面、幅広い知識が必要なことから扱う業者の数は市場全体でも少数に留まっています。骨董品の種類は多岐にわたることから、業者ごとに得意分野が違うのが普通です。そのため、所有している骨董品を高く買い取ってもらうためには業者選びが重要なポイントになるので慎重な判断が必要です。

骨董品の価値は相対的な面もあるので、同じ物品でも業者によって査定額が変わります。また、景気や流行の影響も受けやすいので売る際にはタイミングの良し悪しを見極めることも大切です。骨董品の価値を正しく算出するには複数の業者に査定してもらうのが無難な方法ですが、手間がかかる欠点もあるので注意が必要です。骨董品は汚れや破損があると価値が大きく損なわれますが、古い時代の傷みは歴史的な価値を高める効果もあるので一概には否定出来ません。 しかし、扱いが粗雑なことで生じた傷みは単に骨董品の価値を損ねるだけなので、日頃から丁寧に扱うことを心がけることが重要になります。骨董品の多くは皮脂や垢、日焼けなどで傷みが促進されます。素手で触らず、直射日光が当たらない場所に保管するのが状態の悪化を防ぐための工夫です。空気中の湿気も変色やカビなどの不具合を引き起こすので、乾燥した状態を維持するのも価値を損ねない条件になります。